サンキューな出会い

愛知県瀬戸市のコミュニティーFM局ラジオサンキューのパーソナリティーひろこの出会った人たち

川柳の時間

12/30(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  」 

会長は粗末な野良着でおでましに        紫つゆ草

世も末と嘆いてトロの鮓つまむ         かきくけ子

結末の時間で安堵黄門様            長戸 康孝

世も末と嘆き続ける高齢者           野村昌弘

月末と年末留守の諭吉さん           市川勲

にくきもの末摘花がみだれ髪          ばいなりい

三姉妹のダウンお下がり末は母         ゆき

終末を 笑って終える いい人生        てぬき親父

かじられた末っ子のスネ今かじる        やんちゃん

結末はどんでん返しきてほしい         はぐれ雲

昼ひなか市長麻雀世も末と           陽気もん

十四歳末頼もしくプロデビュー         祥太郎

歳末に赤札踊り踊らされ            まさやん

末尾でも行列あれば並ぶ癖           崖っぷち

年度末昭和の地面掘り返す           ぶちの白馬

歳末の財布はゆるみ頬ゆるむ          ひかり

締めは末 翌々末の 払い待つ         ついにジー

年越しの一升瓶と添い寝する          旭の かずちゃん

もうあかん大器晩成夢と消え          中村宗一

週末にオタマジャクシが降る予報        あほうどり

一抹の寂しさ残るSMAPファン          鎌田康裕

年末で帰省する夜ブリ踊る           一歩

紅白後 年越し風呂に 50年          亥年のみっきー

粉末にするとやさしい声が出る         日和

奇数月 末に通帳 見るスリル         まこっちゃん

週末の妻の機嫌を知っておく          茶々丸

宴会も座りなれてる末の席           かっちゃん

九十の末っ子ですとおばあちゃん        ぶきっちょ

末っ子が幹事務める敬老会           瀬戸武

年末は 年始に繋がる 入口だ         ペースかめ

末吉も成長株と読む親は             あんこ

年度末暇と予算は使い切る           おさ虫

年末のゴミ見ぬふりし年明ける         はづき

腰痛も風邪も晦日に置いていく         めだか

昨年の歳末がまだ残ってる           なみ

年末の掃除年明けから始め           しょうこ

恋の火の始末間違え大やけど           あーさまま

食べ物を粗末にしないで付く脂肪        フーマー

八という末広がりに願賭ける          真田 義子

末長くみつゆびの嫁仁王立ち          久仁子

一年の計 最後に一人 家族増え         ゆず豆腐

  智子賞・・・ 煩悩を シュレッダーかけ 蕎麦を喰う    落犀庵
 ひろこ賞・・・ 年末は恋も憎いも鍋にする        犬山入鹿

 月間賞・・・落犀庵


 
今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は1/6(金)です。お題は「  」
またの参加をお待ちしています。



スポンサーサイト
  1. 2016/12/30(金) 16:25:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

12/23(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「 磨く 」 

飾るより知性磨けと父の喝         長戸 康孝

ロボットに磨いた腕を引き渡す       かきくけ子

錆び付いた心磨いてくれた孫        やんちゃん

失恋は男を磨く武器になる         市川勲

ピカピカに磨き侘び寂び無くす羽目     野村昌弘

爪磨き床は磨かぬうちの妻         はぐれ雲

紅白を耳に感謝の杖磨き          ゆき

磨いてもなお磨いてもただの石       犬山入鹿

焦らずにじっくり磨く趣味の道       旭の かずちゃん

煙突は磨いてありますサンタさん      中村宗一

内面を磨いて滲む所作ことば        ひかり

履歴書の最初の欄は靴磨き         なみ

歳ととも磨きが入る忘れ癖         陽気もん

ボランティア磨いて行ったのは心      真田 義子

美術館こころの鏡磨かれる         祥太郎

歯と心 床も磨いた 修行僧       てぬき親父

青い鳥入ってくるかも窓磨く       ぶちの白馬

孫が来て磨く爺の禿げ頭         瀬戸志奈之

技磨くヒヨッコ達へ応援歌        瀬戸武

磨かれた 人もまだある 伸びしろが   ペースかめ

顔よりも 心磨けと 鏡言う       亥年のみっきー

スカウトの 磨けば光る 空振りも    ついにジー

男気を立ってる小指じゃまをする     まさやん

寿司屋さえ磨くは機械腕じゃない     かっちゃん

技磨き繰り出す舞の結弦見る       鎌田康裕

足の裏磨いて水虫見せに行く       ぶきっちょ

ピカピカに磨きくっきりシワにシミ    茶々丸

ここらへん 確かにくびれ あったはず   ゆず豆腐

経歴を磨くため乗る玉の輿        あほうどり

目立つよう磨きかけてる赤い靴      はづき

若者よ磨けよ磨け秘める才        岩窟王

顔に出る心みがけと母の言        紫つゆ草

磨けども磨ききれない恋の技       横山閲治郎

ばあちゃんの日課歯磨き歯が1本     めだか

面の皮 靴のようには光らない      おさ虫

漬け置きは無しゴシゴシと歯を磨く       しょうこ

定年後 錆びた男の 刃を磨く      まこっちゃん

磨いたら磨いてないとこ気にかかり    あーさまま

お父さん頭磨いて笑い取る        フーマー

懸命に磨いた跡は気付かれず       一歩

たすき掛け家中みがくぞイザ覚悟    あんこ

伝えたい鍋より心磨く技         久仁子


  智子賞・・・ 洗面所 目玉も外せと 孫が言う   落犀庵
 ひろこ賞・・・ 床磨くモップは汚れ役を買う     崖っぷち

 
今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は12/30(金)です。お題は「 末 」
またの参加をお待ちしています。



  1. 2016/12/23(金) 16:27:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川柳の時間

12/16(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「 転ぶ 」 

ゲレンデで転び実った冬の恋         長戸 康孝

転ぶたびより人らしい顔となり        かきくけ子

七転び七起きすれば十分だ          喜九郎

ポケモンで転んでばかり起きられぬ      瀬戸武

転ぶほど見目麗しい雪だるま         崖っぷち

転んでもタダでは起きぬと寝たきりに     野村昌弘

円満は転ばぬ先のつないだ手         やんちゃん

君がいてつまずいたのが縁だった       はぐれ雲

本棚も家も転んだ大掃除           なみ

うちのバア イケメンだけに 手を借りる    落犀庵

坂道を転がるように師走くる         ぶきっちょ

色と金転ぶチャンスが欲しかった       ひかり

寝転んで暮れるのを待つ大晦日        犬山入鹿

夕食のおかずに孫の不倒距離         ゆき

沈黙の神は踏み絵を赦し給ふ         ばいなりい

転ぶ度だんだん強くなる私          真田 義子

片足立ち靴下履いて転ぶ爺          陽気もん

ここ一番大事な時にまたこけた        旭の かずちゃん

来年は 笑い転げる 日も欲しい       ついにジー

転ぶふり支えた腕に添い遂げる        茶々丸

ご用心転ばぬ先の車椅子           瀬戸志奈之

筋トレで 転ばぬ先の スクワット      てぬき親父

お転婆も 小石に転ぶ 古希になる      亥年のみっきー

転びそうなよちよち歩き追いかける      はづき

転んだら昔手で受け今顔で          まさやん

老人会グランドゴルフマイボール       かっちゃん

先の杖持ったがために進まない        フーマー

音階から転がり落ちて落語家に        あほうどり

転んでも受身で大事免れる          一歩

教育は 転んだ後の 立ち直り        ペースかめ

総理殿左右に転び探す杖           しょうこ

痛さより悔しさ顔ににじみ出し        祥太郎

箸転び今は昔の大笑い             あんこ

車止めつまずき顔が妖怪に          紫つゆ草

転げるよう人生の坂老いの坂         岩窟王

今もなお転がる石だボブ・ディラン      横山閲治郎

つまづいてすってんころり段差なし      しげちゃん

結路上手に歩く北の人            鎌田康裕

土の味転ばなければ分らない         おさ虫

起き上がりこぼしの様に生きていく      めだか

ごろごろと転がってゆくマスオさん      日和

手すりより 愛のこもった 家族の手     まこっちゃん

初雪に 妻が印した 尻アート         ゆず豆腐

妻の手で転がる亭主関白が          あーさまま

転んだら認知メタボが追いかける       久仁子

  智子賞・・・   軽口を滑らせ我が身転びかけ      ぶちの白馬
 ひろこ賞・・・   しあわせに手が届くとこで転ぶクセ   市川勲

今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は12/23(金)です。お題は「 磨く 」
またの参加をお待ちしています。



  1. 2016/12/16(金) 16:30:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

12/9(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「 湯気 」 

囲む鍋湯気が家族もあたためる           長戸 康孝

マイホーム 湯気の向こうに 幸がある       てぬき親父

ママの湯気怖くてテスト見せられず         かきくけ子

障子ふやけてきたら鍋食べましょう         喜九郎

加湿器に助けて欲しい夫婦仲            市川勲

湯気立てて怒る年寄り目立つ世に          野村昌弘

おでん屋の湯気が手招く帰り道           崖っぷち

鍋の湯気蟹の香りが家族呼ぶ            ぶちの白馬

新婚の湯気もピンクに家族風呂            ゆき

湯屋へ行く夫婦喧嘩も湯気の中           やんちゃん

ほっこりと安くて甘い湯気が好き          犬山入鹿

餅つきの湯気からもらう父の意気          はぐれ雲

鍋は好き 湯気のむこうの 妻も好き         落犀庵

湯気に揺れ細身に映る妻見惚れ           陽気もん

すき焼きの湯気もうもうと立ちあがる        なみ

ひとり者湯豆腐の湯気目に沁みる          真田 義子

湯気を立て勢い増したポピュリズム(大衆迎合主義) 瀬戸武

湯気越しの聞こえた声に聞き覚え          ひかり

帰宅して 湯気と食事を 噛みしめる        ペースかめ

湯気をひき バアバ従え 孫走る          ついにジー

「炊飯器」「電気釜」の差 50歳           亥年のみっきー

漫画でも焼き芋の湯気香るよう           蛍

妻逝きて 話し相手は お茶の湯気         まこっちゃん

熱湯で湯灌(ゆかん)をしたら目を開けた      あほうどり

湯気払い味見でやけど鍋奉行            まさやん

露天風呂 類人猿もリラックス           旭の かずちゃん

ストーブに乗せて焼き芋甘い湯気          かっちゃん

湯煙の向こうに裸婦のシルエット          瀬戸志奈之

水蒸気 湯気と答えてテストバツ          フーマー

湯気抱え母は聞いてく餅の数            茶々丸

まずはお茶湯気がなにより馳走です         ぶきっちょ

足湯つき新幹線でおもてなし            鎌田康裕

熱燗の湯気もほどよい雪見酒            祥太郎

湯気の立つうどんすすって汽車を待つ        はづき

茹で上がり明石のタコの旨いこと          中村宗一

湯あたりでおばちゃん二人足もつれ         紫つゆ草

湯気の中 泰西名画のお年玉            横山閲治郎

湯気ってる温泉なんだ冬なんだ           岩窟王

毛穴から湯気吹き上がる大激怒           一歩

頭から湯気だすおやじ欲しい国           久仁子

薬飲む母にふうふう湯気おくる           しょうこ

心の窓嫉妬の湯気で曇りゆく            あーさまま

湯気の中皺も隠れてゆで卵             日和

 智子賞・・・ 熱燗の湯気に津軽の冬景色           おさ虫
ひろこ賞・・・ 温泉の マークにポタリ 水をさす       ゆず豆腐

今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は12/16(金)です。お題は「 転ぶ 」
またの参加をお待ちしています。



  1. 2016/12/09(金) 16:21:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川柳の時間

12/2(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「 飾り 」 

クリスマス輝きを増すLED         長戸 康孝

ねえパパはママの飾りかと聞く五歳     市川勲

飾りたい心があって本屋行く        かきくけ子

肩書きの飾りが取れた定年後        やんちゃん

幸せの灯りを放つ飾り窓          ぶちの白馬

新年を 悟らせている しめ飾り      てぬき親父

女子駅伝 ゴールを飾る 若い脚       落犀庵

飾らない彼とのデートすっぴんで      はぐれ雲

イヤリング揺れ夢心地初ベーゼ       ゆき

惹かれます内から滲む飾りつけ       ひかり

クリスマス毎年同じ飾り付け        なみ

飾りなく笑みのちゃん呼び敬老会      陽気もん

素のまんま風呂に虚飾は持ち込まぬ     旭の かずちゃん

心無い言葉飾っている不実         あーさまま

電飾の姫から始まるエトセトラ       犬山入鹿

飾らない言葉の中にある温み        祥太郎

飾るより地のまま生きよ諭す母       瀬戸武

爪飾り 家事の全ては 夫(つま)任せ    亥年のみっきー 

街中はサンタクロース歩き出し       中村宗一

飾り切り手本以外はもどきもの       紫つゆ草

厚顔さ心の中まで飾り付け         岩窟王

小遣いの粉飾疑惑メス入る         まさやん

飾り雛ねがいを込めて三世代        かっちゃん

飾りじゃない カモフラージュと 妻はブラ  ゆず豆腐

猫に鈴蝶ネクタイの犬が行く        ぶきっちょ

トランプの 周り固める 美女軍団     まこっちゃん

プライドと意地を飾りに生きており     あんこ

子が迷う飾り過ぎママ参観日        鎌田康裕

関取の下がりのような付け睫毛       あほうどり

クリスマス 孫の記憶を 飾りたい     ついにジー

飾りでも 呼ばれるうちが 江戸の華    高木 勇

飾っても 人の本質 変わらない      ペースかめ

ホンモノが来るまで飾るクリスマス     日和

七十路(ななそじ)で矩を踰えずとボブディラン   ばいなりい

飾り餅腹も三段合わせてる         はづき

よそ行きの顔は粉飾やら偽装        おさ虫

同期会あるものみんな着けていく      久仁子

野に山に神のちぎり絵グラデーション    めだか

首飾りいいえ健康ネックレス        フーマー

門松をツリーに使い飾り付け        茶々丸

  智子賞・・・ 飾りではないと案山子の独り言       崖っぷち
 ひろこ賞・・・ 明日の夢飾る花瓶を買いに行く       真田 義子


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は12/9(金)です。お題は「 湯気 」
またの参加をお待ちしています。



  1. 2016/12/02(金) 16:11:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3