FC2ブログ

サンキューな出会い

愛知県瀬戸市のコミュニティーFM局ラジオサンキューのパーソナリティーひろこの出会った人たち

川柳の時間

8/31 (金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  」

激しくて傘を折られたゲリラ雨 (祥太)

猛暑後は急に激しい雷雨舞う (鎌田康裕) 

赤道が北へ移動し激暑かな (まさやん)

猛暑との激闘終えて灰になる (ばいなりい)

猛暑日に激怒をしたら命取り (旭の かずちゃん)

激とばす応援団は徹夜バス (ふかえり)

もう一度並んで買えと妻の檄 (野村昌弘)

パワハラか 激と一緒に 唾も飛ぶ (ついにジー)

言い訳をすればするほど嫁激怒 (フーマー)

激怒するたびに寿命が削られる (あーさまま)

運転中品格落ちる妻の口 (ぶちの白馬)

要注意 妻の激怒と ゲリラ豪雨 (横手敏夫)

激抑え十まで数えぬるくなる (こころ)

楽にしてやろうと妻の三下り半 (安田 蝸牛)

激怒した魔王暴れて雨ふらす (紫つゆ草)

激安と書いた毛鉤で主婦を釣る (おさ虫)

激安の文字に左脳は痙攣し (ひかり)

激安と箱買いしてもお裾分け (しょうこ)

激流はどんな竿でも止められん (かっちゃん)

激流に翻弄されるアマスポよ (岩窟王)

激流に揉まれた父の丸い石 (颯爽)

激辛のレベル表す汗の量 (葵)

激辛のカレーに汗は負けてない (やんちゃん)

激辛に慣れて迷子の舌になる (前川 真)

激論を 交わして欲しい 首相選 (まこっちゃん)

激投 1517球 以後いない級 (まっつぐ)

同級の レジェンドもいた 甲子園 (亥年のみっきー)

感激の涙が出ない乾燥目 (はづき)

感激とチケット代のやじろべえ (崖っぷち)

激動の平成終わり次は何 (瀬戸志奈之)

激励をされてもいつもケセラセラ (なみ)

おはようと 激辛人生 今日も行く (働き蜂ちえちゃん)

訳分からずに激しく燃えた片思い (一歩)

リハビリに口激しくも優しい目 (陽気もん)

飴と鞭ムチが甘くて激太り (けい)

ウキウキの気分いまを激写して (くに)

激レアも たくさんあれば ごく普通 (ペースかめ)

気象庁猛暑で済ます語彙不足 (ゆき)

変と減 おれの財布にゃ 「激」がつく (こまっちょ)

過激派の檸檬新学期に届く (犬山入鹿)

世の中の刺激に飽きて空を見る (あほうどり)

 智子賞・・・ 激震で疲れ鯰のする昼寝 (蛍)
ひろこ賞・・・ 激論に勝ってしまって居場所ない (かきくけ子)

 月間賞・・・一歩


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は9/7 (金)です。お題は「   」
またの参加をお待ちしています。


スポンサーサイト



  1. 2018/08/31(金) 16:04:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

8/24 (金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  」

暑さ避け北に行っても猛暑日が (鎌田康裕)

旅気分駅弁フェアで安く上げ (颯爽)

旅先で私を待っているポエム (けい)

スーツケースあれもこれもと肥満気味 (めだか)

旅先で社長と呼ばれ無駄を買う (前川真)

バス旅行謎のカップル混じってる (ふかえり)

台風の進路がつぶすバスツアー (祥太)

二人旅互い信頼乗り過ごす (陽気もん)

孫というマストアイテム夫婦旅 (フーマー)

夕闇に孤独感じる鉄の旅 (横山閲治郎)

旅烏仁義を切って草鞋脱ぐ (旭の かずちゃん)

定年後 日本巡りの 旅がらす (横手敏夫)

旅の空 夢の袋を 膨らます (働き蜂ちえちゃん)

縁有って長き旅路の老い二人 (岩窟王)

旅に出たくなる毎週月曜日 (くに)

糸の色 確かめるため 旅に行く (ペースかめ)

人類の旅立ち宇宙をかき回す (なみ)

旅立ちに良くも悪くもでる涙 (葵)

夜逃げするのか大げさな旅支度 (あーさまま)

その荷物 世界旅行か 一泊で (ついにジー)

旅行券当たったら地球飛び出そう (こころ)

秋の犬風の旅行についていく (犬山入鹿)

酔い止めを 飲んでも亡母(はは)は 孫抱きに (亥年のみっきー)

退院後旅の予約が元気くれ (やんちゃん)

ストレッチ臀部鍛えてエコノミー (かっちゃん)

一人旅 お大師様はストーカー? (ばいなりい)

運命を変えてみたくて旅に出る (真田 義子)

ピンポンで 浴衣はだける 旅の宿 (正能 照也)

富士があり虎造がいた昭和の湯 (おさ虫)

近頃は黄泉の旅へ準備中 (瀬戸志奈之)

旅の恩スーパーボラがお返しを (まさやん)

爺ちゃんは 気まま当てなし 旅烏 (横手友江)

パスポート忘れてやめたハネムーン (蛍)

ジャーニーと南の島へ行ったまま (あほうどり)

心太に 冷やしカレー 芭蕉旅 (ときめきき)

居眠りが土産話の古希の旅 (ゆき)

九十の母の旅券は十年用 (かきくけ子)

一人旅せざるを得ない雨男 (野村昌弘)

外国に来たと教える水の味 (崖っぷち)

律義者 眼鏡はずして 混浴し (札場靖人)

駅弁と和菓子求めて鈍行に (紫つゆ草)

フルムーンパスが使えたハネムーン (安田 蝸牛)

小さくて古い車に旅を積む(ひかり)

景色よりツァーの旗を追っかける (ぶちの白馬)

世界地図広げて妻はひとり旅 (茶々丸)

旅カバン体調直せ大あくび (はづき)

 智子賞・・・ 旅の朝 誰かが何か 探してる (まこっちゃん)
ひろこ賞・・・ サマルカンド行ったよさらり言って退け (一歩)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は8/31 (金)です。お題は「 激  」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/08/24(金) 16:51:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

8/17 (金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  」

二歳児をボランティアから母の胸 (鎌田康裕)

プライスレス 笑顔を納めて くれる子ら (ペースかめ)

祖母といた甘納豆と掘りごたつ (葵)

納豆にオクラを混ぜて耐える夏 (フーマー)

酢納豆若さを保つ太鼓判 (こころ)

ニンニクと納豆食べて猛暑越す (旭の かずちゃん)

納豆の軽い容器の憎らしさ (野村昌弘)

見覚えのある納豆菌の仕業 (犬山入鹿)

納豆のまぜ方ひとつ個性でる (けい)

納豆と妻の小言は糸を引き (やんちゃん)

図書館に納めています夏の汗 (ひかり)

万博は 昭和の夢の 格納庫 (まこっちゃん)

また忘れ収納場所をさがす日々 (ふかえり)

エレベーター故障納品駆け上がる (茶々丸)

明日までの納期も請ける小企業 (かきくけ子)

これでよい妻に年貢の納め時 (安田 蝸牛)

ふところに納めた欲が根を生やす (崖っぷち)

何事もまあ~るく納める古館さん (瀬戸志奈之)

嫌なこと納める場所は腹の底 (一歩)

納まって負けが茶を入れ痴話喧嘩 (ゆき)

海むいて叫んでみても納まらず (あーさまま)

愚痴肴グイと納める赤提灯 (陽気もん)

税納め捨てた故郷に恩返し (颯爽)

もめ事の納めはやはり諭吉さま (祥太)

笑納と言って金塊を差し出す (あほうどり)

授業料未納メールでカネオクレ (蛍)

豪快に納めてみたい相続税 (おさ虫)

被災地に ふるさと増やして 復興を (働き蜂ちえちゃん)

がらくたが占める納戸は宝部屋 (紫つゆ草)

寝室を納戸に変える急な客 (亥年のみっきー)

権力の座に納まって好き勝手 (岩窟王)

イノシシが試食したのは安納だけ (かっちゃん)

納得の製作終えて出来るマメ (三宅亜紀)

堅物がオヤジギャグで高き「税」」 (横山閲治郎)

納涼の団扇があおる蝉しぐれ (くに)

納涼の浴衣のうなじにはアイス (なみ)

盆が過ぎ暑さ納めと葡萄食う (しょうこ)

 智子賞・・・ 見納めと心に刻み前を向く (まさやん)
ひろこ賞・・・ 内緒ごと腹に納めてLサイズ (前川真)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は8/24 (金)です。お題は「  旅  」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/08/17(金) 16:08:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

8/10 (金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「 泡 」

猛暑日は入道雲も泡を吐く (崖っぷち)

飲み放題ジョッキの泡の二割増し (ゆき)

詐欺師から注がれたビール泡ばかり (颯爽)

泡噴いて熱中症の冷蔵庫 (ひかり)

有り難く長い祝辞が泡を消す (けい)

言い訳も出来ず泡吹き逃げる蟹 (しょうこ)

泡を吹き蟹が喧嘩を売って来る (旭のかずちゃん)

ぶつぶつと文句言いたげ蟹の泡 (蛍)

洗顔の泡泡泡が美肌保持 (はづき)

泡喰ってもがいたとても水の泡 (岩窟王)

泡銭掴んだまでは覚えてる (まさやん)

急に来て消えるもはやい泡銭 (祥太)

泡銭 もっとゆっくり していけば (ついにジー)

平成の泡銭にも秋の風 (なみ)

泡盛に南十字をのせて呑む (前川真)

発泡酒なのに大きなビール腹 (かきくけ子)

夢とグチいつも聞いてる発泡酒 (茶々丸)

旅のお茶朝昼晩と泡が出る (おさ虫)

プルタブをぷあっと吹き出した未来 (くに)

スケジュール泡と消えてくこの猛暑 (フーマー)

音と泡目から冷やそう炭酸水 (いなちゃん)

ニュースの人口角の泡何語る (こころ)

泡沫の夏の終わりの恋だった (春爺)

先越され泡を喰ってる薬指 (あーさまま)

泡沫の 愛に賭けてた 蒼い夏 (まこっちゃん)

年金や すぐに無くなる バブルかな (横手敏夫)

泡ばかり食べた人生でした はい (あほうどり)

ダイエットその一口で水の泡 (ふかえり)

いつの日か君も私も泡になる (真田義子)

ある種の泡の苦しみと終わりかた (犬山入鹿)

バブルさえ夢再びと風を待つ (安田 蝸牛)

あぶく銭人の軽さを競い合い (やんちゃん)

忖度で出世を願う泡の夢 (横山閲治郎)

ゆとりかな バブルを知らない子どもたち (ばいなりい)

喝采も桜ばかりで水の泡 (かっちゃん)

女子除外勉学の日々泡にされ (紫つゆ草)

加減点努力に背く水の泡 (鎌田康裕)

トイレにて健康チェック泡と色 (陽気もん)

しばらくは 泡でいたいと しゃぼん玉 (札場靖人)

虹色のシャボン玉でもいつか割れ (野村昌弘)

孫が吹く ばぁばがはしゃぐ しゃぼん玉 (亥年のみっきー)

湧き上がる 夢と泡は すぐに消え (働き蜂ちえちゃん)

サウナの後ジョッキが決意反故にする (ぶちの白馬)

  智子賞・・・ じいちゃんのヒゲに花咲くビール泡 (一歩)
 ひろこ賞・・・ とりあえずビールお疲れさまを飲む (葵)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は8/17 (金)です。お題は「    」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/08/10(金) 16:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

8/3 (金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  」

日焼けした肌を比べる新学期 (崖っぷち)

褐色の肌とビールはよく映える (旭の かずちゃん)

重力に負けるな肌よ気は乙女 (いなちゃん)

化け物は 人によっては 誉め言葉 (ついにジー)

ゆで卵むいてタメ息はぁと吐く (けい)

看板に偽りのある美肌の湯 (春爺)

すっぴんのかみさんと会いこんばんは (かっちゃん)

美人肌と言われて酒はやめられぬ (真田 義子) 

嬰児と触れる乳房の幸の顔 (葵)

初孫の 真綿のごとく 柔き肌 (まこっちゃん)

もう少し すると子供が 脱皮する (ペースかめ)

柔肌に触れてばかりの我が人生 (横山閲治郎)

肌と肌あいだ流れるすきま風 (茶々丸)

ばあさんと肌を触れ合う事もなし (瀬戸志奈之)

白い肌だけで隠せぬ難があり (あーさまま)

嘘付かない年相応に肌疲れ (岩窟王)

美人肌めざすの遅く今ET (紫つゆ草)

楊貴妃に あやかりたいと 高級品 (働き蜂ちえちゃん)

日焼けした肌は三年戻らない (ふかえり)

照り返し肌を日傘は守れない (なみ)

4Kが乙女の肌を覗き込む (前川真)

蚊が困るなかなか刺せぬ厚化粧 (かきくけ子)

厚化粧無駄とは言えず褒めてやり (やんちゃん)

八月はラストエンペラーの肌色 (犬山入鹿)

妻の頬使って下ろす山わさび (フーマー)

巡業で力士の肌は黒光り (鎌田康裕)

心技体素肌で見せる相撲取り (陽気もん)

時として鳥肌になる親分肌 (野村昌弘)

人肌の便器に抱かれ一安心 (ぶちの白馬)

人肌より氷柱恋し熱帯夜 (まさやん)

人肌と炬燵恋しい気象庁 (ばいなりい)

まぁ飲めと親分肌の妻が言う (安田 蝸牛)

お銚子に肌で聞いてる燗の良さ (蛍)

丑の日のうなぎの肌も熱かろう (めだか)

肌に触れお持ち帰りの高い桃 (しょうこ)

腹巻は肌身離さず半世紀 (一歩)

左遷の地ぬるい空気が肌に合い (颯爽)

まかせとけ一肌脱ぐも焼け石か (こころ)

おせっかいすぎて一肌脱ぐ羽目に (祥太)

ワイシャツを素肌に着れぬ昭和爺 (ゆき)

夕立の匂い Tシャツの肌ざわり (ひかり)

肌色を寄せ集めれば虹の色 (あほうどり)

 智子賞・・・ 拡大の 自分の顔に おったまげ (亥年のみっきー)
ひろこ賞・・・ 気の強い女の肌にある鱗 (おさ虫)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は8/10 (金)です。お題は「  泡  」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/08/03(金) 16:46:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4