サンキューな出会い

愛知県瀬戸市のコミュニティーFM局ラジオサンキューのパーソナリティーひろこの出会った人たち

川柳の時間

4/20(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  安  」

安さより 中身が勝負と 言う旦那 (働き蜂ちえちゃん)

安物を賢く使い呆け防止 (野村昌弘)

あんちょこというテキトーが世に溢れ (あほうどり)

安売りでだらしなく咲く見切り品 (かっちゃん)

特売の 土俵でネギの 仁王立ち (こまっちょ)

100均でほとんど揃う身の回り (旭の かずちゃん)

母がいるただそれだけで安堵感 (けい)

安っぽく 見えないように 胸にワニ (ついにジー)

恋ごころ安全ピンでとめてます (犬山入鹿)

志望校合格安心孫娘 (瀬戸志奈之)

刺激より 安定望む 現代人 (ペースかめ)

似合うわよ妻が薦める安い方 (陽気もん)

安全な野菜は先に虫が食う (前川真)

格安のエステお家で蒸しタオル (やんちゃん)

若者の 安定志向 湧く不安 (右田俊郎)

豊作で安値にされる農の汗 (崖っぷち)

激安の 服を洗うと 水に溶け (茶唄鼓)

旅にきて日本の水はうまいもの (ぶちの白馬)

震度5強安否尋ねりゃ「金送れ」 (ひかり)

安らかに眠ってしまいそうな揺れ (なみ)
       
安上がり ハラわスメンと ワイド省 (あらまあ)

安売りの忖度全て値崩れに (瀬戸武)

円高も円安も知らん 苗植える (市川勲)

五十年いびきと欠伸ある安堵 (かきくけ子)

安っぽい 嘘で支持率 急降下 (紫つゆ草)

ブランドで飾るノーブランドの顔 (おさ虫)

安請け合いあれもこれもで立ち尽くす (まさやん)

朝晩の 定時メールを 待つ娘(こ)いる (亥年のみっきー)

思いっきりクシャミも出来ぬ安普請 (蛍)

安心は朝の受話器に届く母 (葵)

ひと安心したら鳴きだす腹の虫 (祥太郎)

値引き札貼る時間には常連が (鎌田康裕)

安全を祈って今日も無事生きる (真田義子)

戦後終え また戦前が 来る不安 (まこっちゃん)

山陰にいても踊れぬ安来節 (くに)

お買い得ポップな文字にだまされる (あーさまま)

安全牌持ってるだけで恵比須顔 (めだか)

下宿児の安否既読で確かめる (ふかえり)

アベノミクスお安い店が増え続け (フーマー)

安産で産んだ子一番手がかかる (しょうこ)

安請け合いしたがる顔が覗いとる (あんこ)

安売りだ オープンしてから 運動会 (中川区 コンドル)

安産を願いすべての神頼る (茶々丸)

  智子賞・・・ チラシ手に安く安くと無駄を買う (岩窟王)
 ひろこ賞・・・ 安全を百個重ねてまだ不安 (一歩)

今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は4/27 (金)です。お題は「 楽 」
またの参加をお待ちしています。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/20(金) 18:02:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

4/13(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「    」

雑題の嘘暴かれてまた嘘を (紫つゆ草)

雑音に聞えぬふりの地獄耳 (岩窟王)

雑穀を 食べて毎日 元気印 (働き蜂ちえちゃん)

雑音とされて意見が通らない (かきくけ子)

大御所の 話バサッと 四捨五入 (こまっちょ)

好きだから雑な返事をしてしまう (前川真)

混雑をしてる隣りが俺の店 (市川勲)

家計簿の雑費にモグモグタイム代 (野村昌弘)

古雑巾我が家の汚点知ってます (ひかり)

薬より医者の雑談多すぎる (やんちゃん)

ママだって会社と家事の二刀流 (ゆき)

盆栽の上で昼寝する雑巾 (なみ)

雑なんだなんて女房に叱られる (横山閲治郎)   

春うらら 雑草出番と 大はしゃぎ (茶唄鼓)

混雑の 中で味わう 孤独感 (正能 照也)

主夫をして家の雑務にギブアップ (旭の かずちゃん)

雑踏に言葉落としていくツバメ (ぶちの白馬)

雑草が 巨木になって 帰国する (ペースかめ)

鼾なら負けぬと友とする雑魚寝 (蛍)

雑踏に溶け込みたいよな夜もある (けい)

お仕事は雑用昼寝金庫番 (葵)

雑巾の 縫い目に母の 安定感 (ついにジー)

場所取りへ新人雑務花見宴 (陽気もん)

家族皆 やっぱO型 大雑把 (亥年のみっきー)

雑巾もどんどん売れる新学期 (かっちゃん)

雑巾が絞れぬ事にうろたえる (まさやん)

混雑の中だけ腕を組むふたり (祥太郎)

断捨離をしたはずなのに出る雑念 (めだか)

雑草と言うな名前がチャンとある (あんこ)

食卓は雑多な夢の仮り置き場 (はな)

複雑な案件らしい備忘録 (鎌田康裕)

がんばれどしょせん私は大雑把 (くうはは)

夕暮れにカレーのにおう雑居ビル (犬山入鹿)

雑学を極めて出世から外れ (颯爽)

ばあちゃんもポチも雑種で長生きだ (しょうこ)

東京に 来てもお雑煮 丸い餅 (まこっちゃん)

雑談に落ちていました知恵袋 (くに)

雑談の中に本音を入れました (真田 義子)

雑音にイライラつのる安倍総理 (瀬戸志奈之)

妻に母雑な扱いされてます (あーさまま)

雑草で生きよと言われまだ雑草 (フーマー)

雑草がのんびり暮らす別荘地 (おさ虫)

雑念はそのままメモして置いておく (一歩)

困難も 雑草の如く 立ち向かう (中川区 コンドル)

集中と力めばさらに雑念が (yurumu)

深いほど雑字が走る恋いの文 (はるき)

智子賞・・・雑談で真意引き出す聞き上手 (崖っぷち)
ひろこ賞・・雑草がまばたきする間伸びている (ふかえり)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は4/20 (金)です。お題は「  」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/04/13(金) 21:14:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾張旭さくらまつり

今年のさくらまつりは葉桜になってしまいましたが
トークショーに平昌オリンピックスピードスケートショートトラックに出場した
18歳の吉永一貴選手が登場しました。





トークショーは初めてと言っていましたがオリンピックの話や
ショートトラックをみんなにもっと知って欲しいなど笑いも交えながら話してくれました。
トークショー初めてとは思えない❣️

水野市長から「どこかに引っ越さないでね」と言われ「尾張旭大好きですから」と答えていました
その後サプライズで尾張旭スポーツ功労賞の表彰がありました





この可愛い限定キーホルダーも持ってきてくれました。
会場の人で私とのジャンケンに勝った人プレゼント




そして、ラジオサンキューの生放送にも出演してくれました。
何を聞いてもいいですよーととても爽やかな好青年でした。
北京オリンピックまた、頑張って欲しいです。




  1. 2018/04/10(火) 18:22:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸市民栄誉賞

先日 史上最年少プロ棋士藤井聡太6段の瀬戸市市民栄誉賞の受賞式がありました。
新聞各社 テレビ局 地元放送局など多数の取材陣 カメラの中 和やかな雰囲気で行われました





私は司会だったのでかなり緊張しましたが聡太君はいつもの通りでした。





伊藤市長からは表彰状と記念品が贈られその後13分間の記者会見
予定では8分でしたがスムーズに進み過ぎ かなりの時間質問に答えてくれました。
しかも一生懸命考えながら誠意をもって一人一人の質問に答えてました
これからのことを聞かれ
自分はもっと将棋が強くなる! そして、プロとして将棋ファンを増やしていく!
タイトルをとりたい!と宣言してくれました。





やっぱり地元だからリラックスしていたようでしたね。
私は久しぶりに間近で会ったので随分背が伸びていたのにビックリしました‼️

そしてエレベーターを降りたら100人以上の人が
一目聡太君に会いたいとお祝いに駆けつけてくれてました
知り合いは初めて本物の聡太君に会ったと涙を流して喜んでいました。
藤井聡太パワーは瀬戸市民を幸せにしてくれますね~~~~~~!
これからもずっとずっと応援していきます!!!!



  1. 2018/04/10(火) 17:49:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川柳の時間

4/6(金)の川柳の時間で紹介した句です。
今週のお題「  後  」

あと少し それができずに 受からない (働き蜂ちえちゃん)

へべれけの後から届く請求書 (蛍)

午後からは雨とワタシの膝が言う (颯爽)

後輩に忖度教え退職す (鎌田康裕)

後半がクライマックスになる余生 (茶々丸)

後輩は人間だけになりました (犬山入鹿)

後ろから桜前線追っかける (旭の かずちゃん)

かごめかごめ後ろの正面気にかかる (なみ)

改ざん後 あとに続けと隠蔽し (瀬戸武)

十代があちらこちらで下克上 (まさやん)

後悔はしても反省しない爺 (瀬戸志奈之)

後出しで 負けて家事して 平和来る (ペースかめ)

ジャンケンポン 最後はいつも 孫の勝ち (亥年のみっきー)

後妻さん昔哀れみ今怖れ (横山閲治郎)

午前中写経午後からはマージャン (あほうどり)

俺の後誰も並ばぬレジの列 (野村昌弘)

買いすぎた袋の重さ気にならず (けい)

裏町に朝を伝える下駄の音 (崖っぷち)

後書きを開いて終えた本の山 (前川真) 

お返事は後でと言われ5年経ち (ひかり)

後で行く 二次会パスの 常套句 (正能 照也)

おーいお茶 叫んだ後に 入れに行く (茶唄鼓)

ジョキングの孫の後追うウオーキング (陽気もん)

天職と気付いた時は退職後 (ぶちの白馬)

後は野とそれができない俺の質 (ゆき)

ラーメンを食べたい地球最後の日 (市川勲)

口ゲンカ後から猫に八つ当たり (やんちゃん)

定年後やっと勉強したくなる (かきくけ子)

先人の教訓見下げ後悔し (紫つゆ草)

後から押すな押すなと長寿国 (岩窟王)

映画館後ろの席に解説者 (ふかえり)

弁解をし過ぎてあとで疑われ (祥太郎)

のんびりと夢をみている午後の椅子 (真田 義子)

後でやるなぜかきれいに忘れてる (一歩) 

長生きを 平和と競う 戦後っ子 (まこっちゃん)

母さんの牙は笑ったあとで出る (おさ虫)

これきりにしたいときにはまたごじつ (かっちゃん)

喧嘩した後をメールが追いかける (くに) 

少ないと思って並び悔やむレジ (あーさまま)

桜のした後ろ姿の写真撮る (はづき)

50年後ろの正面夫です (しょうこ)

牛後にはなるなと孫に言い聞かせ (フーマー)

振り向けば後ろの時間止まってる (めだか)

後ろ髪など引かれんぞ桜舞う (あんこ)

 智子賞・・・婚活で 老後のことを 話し合い (札場靖人)
ひろこ賞・・・ハゲなのに なぜか引かれる 後ろ髪 (ついにジー)


今週もたくさんの投句ありがとうございました。
次回の放送は4/13 (金)です。お題は「 雑 」
またの参加をお待ちしています。


  1. 2018/04/06(金) 17:53:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ